がんばれ!信州サッカー

シュミット(左から2人目)の背中を押し、鼓舞しながら走る飯田(左端)

 サッカーJ2松本山雅FCは1次キャンプ第3日の20日、静岡県御殿場市などで午前と午後の2部練習を行った。午前はボールを使わず走力アップに取り組み、午後は初めてミニゲームを取り入れた実戦に近いメニューもこなした。
 午前の練習はウオーミングアップの後、100メートル、200メートル、300メートル、400メートル、500メートルを1セットにしたインターバル走を計4セット行い、合計で6キロを走った。
 午後はパス回しの練習をした後、縦の距離を半分ほどにしたピッチで狭いゴールを使い、11対11でミニゲームを実施。反町監督は「プレッシャーの中でしっかりビルドアップ(組み立て)する意識を持ってできるか」と狙いを説明。新加入で18歳のFW前田が3ゴールを奪うなど元気な姿を見せ、同じく新加入のFW山本は相手守備の裏を狙ってゴールにつなげていた。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外