がんばれ!信州サッカー

今季のユニホームを披露する選手たち。左から安藤、山本、白井、シュミット=24日、松本市のまつもと市民芸術館

 サッカーJ2松本山雅FCは24日、松本市のまつもと市民芸術館で新体制発表会を開いた。会場を埋めた約1500人のサポーターの前で、今季のスローガン「One Soul 新・起動」を発表。初参戦のJ1から1年で降格した昨季の悔しさを胸に、サポーターと一緒に新たなシーズンを戦い抜く決意を新たにした。
 運営会社の神田文之社長は「5年目を迎えた反町体制で生き生きと躍動するプレーを目指し、結果を求めて戦う。2016シーズンはあらゆることを新起動させていく」とスローガンに込めた意味を説明した。
 新加入の9人を含む28選手と監督、コーチが1人ずつ紹介されて登壇。反町監督は「J1昇格切符3枚のうち1枚をゲットしたい。そのためにはたくさんのサポートが必要。今年もよろしくお願いします」とあいさつした。
 選手は1人ずつユーモアも交えながら自己紹介した。5年目のMF喜山は「J1を経験してJ1の良さを感じた。またあの舞台に戻りたい」と決意を表明。松本市出身のDF田中は「新たなチャレンジを成功に結び付けられるよう、熱い情熱を持って戦う」と話した。今季の選手会長に6年目のGK白井が決まったことも発表された。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外