がんばれ!信州サッカー

 2008年から所属したJ1G大阪でアジア・チャンピオンズリーグやクラブワールドカップに出場した豊富な経験を持つ。14年にJ1仙台へ移籍したが、昨季はリーグ戦出場が4試合にとどまった。
 「自分の良さがチームのスタイルに合わなかったこともあるし、力不足でもあった。出場機会が少なくて悔しくなければサッカー選手じゃない。試合に出ることが一番大事」。松本山雅からオファーを受け、移籍を決めた。
 本職はボランチで、サイドバックを経験したこともある。持ち味は「攻撃にも守備にも運動量を生かしてやっていけるところ」。守備ではボールに素早く身を寄せ、前後の関係を大事にしながらバランスを取る。前線につなぐ技術は高い。
 同じ年のDF飯田とは流経大で一緒にプレーした。「飯田から走るチームだと聞いていたが、最初から練習がきつい」と戸惑った。遠藤保仁ら日本代表が所属していたG大阪での経験を「いい手本を見てきたので、下の世代に少しずつ伝えていきたい」。179センチ、72キロ。栃木県出身。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外