がんばれ!信州サッカー

調整する横山=堺市内

 日本サッカー協会は25日、女子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選(29日〜3月9日・大阪市)に臨む日本代表「なでしこジャパン」20人を発表した。宮間あや(岡山湯郷)や大儀見優季(フランクフルト)らに加え、新戦力の横山久美(AC長野)、中島依美(INAC神戸)が入った。
 佐々木則夫監督は「多くの皆さんが応援してくれる。いいプレッシャーに変えて力を出し切るのが大事」と意気込んだ。
 予選は6チームの総当たりで争い、上位2チームが出場権を得る。4大会連続の五輪を目指す日本は29日にオーストラリア、3月2日に韓国、4日に中国、7日にベトナム、9日に北朝鮮と対戦する。いずれも午後7時35分から、キンチョウスタジアムで行われる。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外