がんばれ!信州サッカー

ゴール前の攻防の練習で守備をするMF石原

 サッカーJ2松本山雅は2日、2次キャンプ地の静岡市清水ナショナルトレーニングセンターで守備を意識した練習を午前と午後に行った。1次キャンプ終盤に一時離脱した2年目のMF石原が練習に復帰し、出身地でのキャンプで元気な姿をアピールしている。
 先週半ばに左太ももを痛めた石原は、1月30日の産業能率大との練習試合にチームでただ1人出場できなかった。31日の休養日を経て、2次キャンプ初日の1日から練習に合流。「(別メニュー練習が)2、3日だったので影響は少ない」と話した。
 午前練習の後半は、ピッチの半分を使って守備を重視したゴール前の攻防を実施。石原は守備側の左サイドに入り、離脱のブランクを感じさせない動きを見せていた。「(ボールを奪ってから)つなぐケースと前に蹴るケースを臨機応変にやりたい」と話す。
 静岡県富士市出身の23歳は、J2清水の下部組織出身。ユースからトップチームへの昇格を果たせず、J2岡山から松本山雅に加入した。昨季はJ1リーグ戦に先発2試合を含む16試合に出場した。今季はレギュラーポジション獲得を狙う。
 練習が濃密な松本山雅のキャンプは「2年目でもついていくのに必死」。それでも「日々の練習をしっかりやって結果を出したい。先輩に交じって先頭を走るなど前を引っ張る意識でやっている」。飛躍につながるキャンプにしようと懸命だ。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外