がんばれ!信州サッカー

横山久美

 日本サッカー協会は5日、サッカー女子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選に向けた日本女子代表の候補合宿参加選手25人と合宿スケジュールを発表した。宮間あや(岡山湯郷)や阪口夢穂(日テレ)、川澄奈穂美(INAC神戸)のほか、AC長野のFW横山久美も選ばれた。
 候補合宿は13日から19日まで沖縄県で行い、29日から始まる最終予選メンバーは20人に絞り込まれる。この20人には大儀見優季(フランクフルト)や熊谷紗希(リヨン)ら欧州組が5人ほど入る見込みで、今回の合宿メンバーは15人前後に絞られることになる。佐々木則夫監督は「予選に向けた選手選考の場。イメージの共有、質の向上を引き続き図っていく」とコメントした。
 女子日本代表候補は次の通り。
 GK 福元美穂(岡山湯郷)久野吹雪(伊賀)山根恵里奈(千葉)山下杏也加(日テレ)▽DF 近賀ゆかり、鮫島彩(以上INAC神戸)上尾野辺めぐみ、中村楓(以上新潟)岩清水梓、有吉佐織、村松智子(以上日テレ)高良亮子(仙台)乗松瑠華(浦和)▽MF 宮間あや(岡山湯郷)川澄奈穂美、中島依美、増矢理花(以上INAC神戸)阪口夢穂(日テレ)川村優理(仙台)猶本光(浦和)▽FW 大野忍、高瀬愛実(以上INAC神戸)有町紗央里(仙台)菅沢優衣香(千葉)横山久美(AC長野)

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外