がんばれ!信州サッカー

 サッカーJ3のAC長野パルセイロに今季10人の新戦力が加わった。それぞれの横顔やJ2昇格への意気込みを紹介する。
   ◇
 県内クラブからの移籍は反響が大きい。「現役を続ける気持ちしかなかった。試合に絡みたいし、まだまだやれる」。5年間所属した松本山雅FCでの経験を糧に、燃え尽きるまで戦う覚悟だ。
 前線からの迫力ある守備が代名詞だ。2度追い、3度追いは「失点したくないから」と素朴な理由から。クリアボールを拾ってゴールを目指す高校時代の習性が、いつの間にか武器になった。
 上田高卒業後、1浪して山形大へ。そこでプロへの道をこじ開けた。空中戦やポストプレーで強みを発揮し、J2で2季連続2桁得点。AC長野の激しい定位置争いに勝ち抜き、J2昇格のけん引役を目指す。
 話題のNHK大河ドラマ「真田丸」の舞台、上田市真田町出身。「全国から注目が集まりうれしい。自分も注目してもらえるようにしないと」。見る人の心を揺さぶる全力プレーで、J3に風を巻き起こす。
 182センチ、75キロ。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外