がんばれ!信州サッカー

攻撃をテーマにして練習に取り組む選手たち

 サッカーJ2松本山雅は8日、2次キャンプ地の静岡市清水ナショナルトレーニングセンターで午後に練習した。練習試合翌日の7日は疲労を回復するための軽い練習にとどめ、2次キャンプ後半に入ったこの日からテーマを守備から攻撃に移して練習を始めた。
 筋力トレーニングの後、攻撃の組み立てについて参考になる映像を見ながら約30分のミーティングを実施。グラウンドに出てから4対3や5対3でボール回しをした後、ピッチの約半分を使い、GKを含めた最終ラインから中盤までの攻撃の組み立てに取り組んだ。
 練習後、反町監督は「思ったよりもいい練習ができた」と評価。松本山雅は昨季、パスの成功本数がJ1で最も少なかったといい、「技術や経験値のある選手がそろってきた。去年まではスペースの支配だったが、今年はパスを増やしてスペースとボールの両方を支配できるようにしたい」と話した。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外