がんばれ!信州サッカー

開幕戦に向け実戦練習で動きを確認する松本山雅の選手

 サッカーJ2松本山雅は25日、開幕前の調整合宿を行っている静岡県御殿場市で午前に練習した。28日の開幕戦で対戦する熊本をイメージして紅白戦を行うなど臨戦モードに入った。
 ウオーミングアップの後、瞬発系の動きを取り入れた走るメニューや4対4のミニゲームで体を温めた。紅白戦はボールを持ったチーム側でプレーできるフリーの選手を1人置いた変則形式で約10分を2回実施。主力組と対戦したチームは熊本を想定した4―4―2の布陣にした。
 最終ラインの裏を狙う動き方やパスの出し方を重視した内容。練習前に開いたミーティングでは、20日にJ1名古屋と非公開で行った練習試合の映像を見て課題を洗い出した。そのうちの一つが、相手最終ラインの裏を狙う攻撃だった。
 反町監督は「やるべきことをやっている途中。いいスタートが切れるようにベストを尽くす」と話した。チーム最年長のDF田中は「開幕戦は結果が大切。内容よりも結果を求めて戦いたい」と表情を引き締めた。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外