がんばれ!信州サッカー

開幕前の調整合宿で選手に指示を出す反町監督

 開幕戦を控えた松本山雅は静岡県内で最終調整に励み、27日は練習後に熊本へ移動する。5年目を迎えた反町監督に開幕戦への抱負や今季の展望などを聞いた。
 ―開幕戦に向けた手応えは。
 「やれることはやってきた。あとはゲーム戦術の部分になる。相手の戦い方を見て自分たちでどう判断して戦うかも重要になる。最後まで走り切る体力などフィジカル面は鍛えてきたので、それはわれわれの強みだ」
 ―どんな戦いをするか。
 「いいゲームの入り方をしたい。ここまで準備してきた自分たちのサッカーをしっかり出せるかどうかだ。遠くまでたくさんのサポーターが来てくれると聞いているので、90分間を大事にして勝利で終われるようにしたい。一戦必勝でやる」
 ―キャンプではパスをつなぐ攻撃に力を入れた。
 「練習したことを全て出せるほどサッカーの世界は簡単ではないが、完成形に近づけるように頑張っていく」
 ―熊本の印象は。
 「システムは4―4―2でオーソドックスなチームだと思う。中心になるのはMF清武で、セットプレーのキックやロングスローにも気を付けたい」
 ―今季のJ2をどう予想する。
 「(松本山雅がJ1昇格を決めた)2年前よりレベルは上がり、力が拮抗(きっこう)している。J1を経験しているクラブが多いし、知識のある監督が増え、難しいリーグになると思う。C大阪が強いと言われているが、やってみないと分からない」

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外