がんばれ!信州サッカー

穂高神社で必勝祈願をする山雅後援会安曇野支部のメンバー

 サッカーJ2松本山雅FCの後援会安曇野支部は27日、熊本市で28日に行われるロアッソ熊本との今季の開幕戦を前に、安曇野市穂高の穂高神社でシーズン中の必勝を祈願した。松本山雅のユニホームやタオルマフラーを身に着けたメンバー23人が参加し、拝殿でおはらいを受けた。

 メンバーは、おはらいに先立ち、応援に使う畳1枚ほどの大きさの旗に「暴れろ」「頑張れ」などの応援メッセージを書き込んだ。旗は、28日の開幕戦を観戦するメンバーが熊本に持って行き、スタンドで振るという。

 同支部の必勝祈願は毎年恒例。支部長の辻谷洋一さん(38)は「J2での優勝とJ1への自動昇格が目標。支部では(テレビ放送を見ながら観戦する)パブリックビューイングを開いたりして、チームをもり立てたい」と話していた。

 メンバーはこの日、社会貢献活動として、穂高神社周辺の清掃活動もした。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外