がんばれ!信州サッカー

 サッカーJ2松本山雅FCの本拠地アルウィン(松本市)に、選手の写真をあしらったセイコーエプソン(諏訪市)の大型バナー(旗)広告がお目見えする。ユニホームスポンサーのエプソンが「アルウィンの新しい名所に」と山雅の運営会社に提案。ホーム開幕戦となる20日の千葉戦が初お披露目となる。18日は試験的に掲示した=写真。
 掲示場所は、バックスタンド裏の南寄りにある植え込みの上。耐水性のある素材を使ったバナーは縦1メートル、横3メートルで、1枚の表と裏に1人の選手を印刷。田中隼磨選手ら主力9人と反町康治監督の計10人分を横に連ね、全体の長さは約30メートルになる。ホーム試合に合わせて掲示する。印刷にはエプソンの大判インクジェットプリンターを使った。
 同社は「待ち合わせの目印にしやすい場所。あらゆる素材に印刷できるエプソンの技術を知ってほしい」(広報IR部)としている。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外