がんばれ!信州サッカー

松本山雅―山口 前半22分、松本山雅・飯田(左から3人目)がヘディングで先制ゴールを決める

 サッカー明治安田J2第5節は26日、各地で11試合を行った。松本山雅は松本市のアルウィンで山口と対戦し、終了間際に追いつかれて3―3で引き分けた。1勝2分け2敗の勝ち点5で、14位から12位に上がった。山口は13位。
 松本山雅はけがをした石原に代わって岩間が初先発し、武井とともに守備的MFを務めた。宮阪は下がり目のFWに入って3―4―2―1の布陣。主導権を握った前半は、22分の右CKで宮阪が精度の高いボールを蹴り、飯田が頭で合わせて先制した。
 後半は点の取り合い。オウンゴールとGKシュミットのキックミスから逆転されたが、34分にペナルティーエリアで倒された田中がPKを決め、37分には岩間のゴールで逆転。しかし、終盤は守備ラインが下がって攻め込まれ、追いつかれた。
 熊本は2―0で長崎を下して首位に浮上。開幕から5連勝を狙った首位のC大阪は、金沢と引き分け2位に後退した。
 第6節は4月3日で、松本山雅は敵地で14位の長崎と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外