がんばれ!信州サッカー

 松本市は4月3日から、松本商店街連盟と連携しサッカーJ2松本山雅FCのアウェー試合を大型スクリーンで観戦するパブリックビューイング(PV)を行う。中心市街地内で会場を変えながら、10月30日まで計8回。初回のV・ファーレン長崎戦は4月3日午後1時から、同市大手4の上土ふれあいホールで開く。
 市主催のPVは2年目。中心市街地の活性化やプロスポーツ観戦の機会創出が狙いで、昨季は8回のPVに計1515人が参加した。松本山雅がJ2で戦う今季は、遠方でしかも日曜日の試合が増えるため、現地に行けない人にも大勢で盛り上がってもらう。
 PVを予定する試合は4月3日のほか、同29日、5月29日、6月26日、7月20日、8月14日、10月2、30日。会場では飲食ブースの出店や参加者対象のスタンプラリーもある。市スポーツ推進課は「昨季はPV参加者が試合後、近くの飲食店に流れていた。応援とともに市街地を盛り上げてほしい」と話している。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外