がんばれ!信州サッカー

千葉―AC長野 後半44分、シュートを決めるAC長野・横山(10)

 サッカー女子のなでしこリーグ1部第4節第1日は16日、各地で2試合を行った。AC長野パルセイロ・レディースは千葉県東金市の東金アリーナ陸上競技場でジェフユナイテッド市原・千葉レディースに3―4で競り負けた。AC長野は2勝2敗で、暫定4位。

 AC長野は前半、千葉に押し込まれ7分と10分、20分に失点した。後半2分、交代出場したばかりの内山のゴールで反撃。10分に千葉に追加点を許したものの19分に斉藤、44分に横山がシュートを決め1点差に詰め寄ったが、及ばなかった。

 日本代表のエース横山は4試合連続得点。昨季右膝を痛めて離脱していた主将のDF坂本が8カ月ぶりに復帰した。本田監督は「自分たちで壊してしまったゲーム。(1点差まで詰め寄ったことで)選手は怖がらずにやれば次は勝てる相手だと感じたのではないか。坂本の試合勘が戻ったことは次につながる」と話した。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外