がんばれ!信州サッカー

AC長野―新潟 前半44分、先制のシュートを決めるAC長野の横山

 サッカー女子のなでしこリーグは11日、カップ戦予選リーグ第2節2試合を各地で行い、B組のAC長野パルセイロ・レディースは長野市の南長野運動公園総合球技場で新潟に3―1で勝った。米国遠征から戻ったばかりのエース横山がリーグ戦を通じて今季初のハットトリック。カップ戦のホーム初戦に勝って1勝1敗とした。観客数は2411人。

 斉藤がトップ下でカップ戦初出場。FWは泊と横山が先発した。前半は中盤で激しい奪い合いが続くなか、44分、クリアしようとした相手GKに泊が迫り、こぼれたボールを横山が浮かしたシュートで先制した。その1分後、新潟に追い付かれた。

 後半23分には途中出場の山崎が相手DFのパスを奪うと、横山が蹴り込んで2点目。44分には横山が中央左からドリブルで持ち込み、右足で3点目を決めた。

 AC長野は第3節は試合がなく、第4節の25日にホームで岡山湯郷と戦う。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外