がんばれ!信州サッカー

AC長野―琉球 前半36分、頭で先制ゴールを決め喜ぶAC長野の内野(4)

 サッカーJ3の第12節8試合は12日、各地で行われ、7位のAC長野パルセイロは長野市南長野運動公園総合球技場で5位琉球に2―0で勝った。AC長野は連敗を免れ、3試合ぶりの勝利で通算成績6勝3分け3敗。勝ち点を21とし4位に浮上した。
 2人の守備的MFは有永と仙石が組み、右MFの天野が10試合ぶりに出場した。前半36分、松原の左ロングスローが右サイドへ流れ、天野が中央へクロス。内野が頭で先制ゴールを決めた。
 後半40分、後半途中出場した塩沢と勝又のコンビで追加点。GK三浦の蹴ったロングボールに塩沢が頭で競り勝ち、勝又がGKと1対1になり右足で決めた。
 鹿児島が秋田に勝ち首位に浮上。大分が相模原を下し2位に上がった。
 第13節は18、19日。AC長野は18日、鹿児島県立鴨池陸上競技場で鹿児島と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外