がんばれ!信州サッカー

 日本サッカー協会は27日、第96回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)の日程と3回戦までの組み合わせを発表し、8月27、28日の1回戦からJ1の磐田と福岡、さらに松本山雅などJ2全22クラブが登場する。
 磐田は岐阜県代表、福岡は鹿児島県代表と対戦する。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に出場した浦和、FC東京、G大阪、広島はベスト16による4回戦(11月9、12日)から登場。残りのJ1勢は9月3、7日の2回戦から出場する。
 松本山雅は、松本市のアルウィンで山口県代表と対戦する。勝ち進めば2回戦もアルウィンが会場。J2岐阜と静岡県代表の勝者と戦う。
 長野県代表は1回戦、長野市の南長野運動公園総合球技場で、石川県代表と対戦する。勝ち進めば2回戦で、名古屋市港サッカー場でJ1名古屋と当たる。
 47都道府県の代表など88チームが参加し、4回戦以降の組み合わせは3回戦終了後に抽選で決定。準々決勝は12月24日、準決勝は29日、決勝は来年1月1日に行われる。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外