がんばれ!信州サッカー

 Jリーグは28日、来季のJ1とJ2の参加資格となるクラブライセンスの判定結果を発表した。県内クラブはJ2松本山雅FCに5年連続でJ1ライセンスを交付、J3AC長野パルセイロに3年連続でJ2ライセンスを交付した。
 新たにJ2の群馬、山口、北九州にJ1ライセンスが交付され、合計45クラブが取得。J3鹿児島はスタジアム要件を満たせず不交付となった。
 J1ライセンスの交付は松本山雅を含む計40クラブとなった。新規の3クラブは練習施設の整備やスタジアムの改修、新設が認められた。財務面で是正通達を受けたクラブはなく、J2熊本は熊本地震の影響を考慮されて財務基準が一部緩和された。
 今季J2の22クラブのうち、J1ライセンスを持たない水戸、町田、讃岐は成績要件を満たしてもJ1に昇格できない。J3からJ2に昇格できるのはJ1ライセンスの栃木、富山、大分とJ2ライセンスのAC長野、鳥取の5クラブ。J3ライセンスの交付判定は10月12日の理事会で決まる。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外