がんばれ!信州サッカー

日テレ―AC長野 前半21分、日本代表経験者3人を抜きシュートを放つAC長野・横山(中央)。左は日テレの岩清水、右は有吉

 サッカー女子のなでしこリーグは第17節1日目の2試合を15日、各地で行い、3位のAC長野パルセイロ・レディースは多摩市立陸上競技場で日テレに2―0で完封勝ちし、勝ち点を34に伸ばした。順位は暫定2位。前節2連覇を決めた日テレは今季2敗目。
 AC長野は3試合ぶりに4―4―2の布陣に戻した。観客数は1189人。
 前半21分、AC長野はエース横山のドリブルシュートで先制。岩清水ら日本代表経験者3人を抜き去り右足で決めた。後半20分すぎの相手PKは、GK林崎が左に飛んで捕球し防いだ。25分には、ドリブルで複数の相手DFを引きつけた横山が泊へパス。泊が滑り込みながら追加点を挙げた。
 今節最終日の16日はINAC神戸が岡山湯郷と、仙台がコノミヤと対戦する。AC長野は最終節となる次節の23日、ホームで仙台と戦う。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外