がんばれ!信州サッカー

2016年11月アーカイブ

 松本市は17日、サッカーJ2松本山雅FCの選手、スタッフが市民と一緒に運動する「元気育成・健康増進プログラム」の本年度最終回を、同市波田の波田地区福祉ひろばで開いた。地区内の60〜80代の男女40人ほどが、柳下大樹選手(21)やクラブ運営会社のホームタウン担当小林陽介さん(33)と体を動かした。 …

全文を読む

 スポーツ庁は16日、サッカーJ2松本山雅FCなど、スポーツが地域の活性化に貢献している国内の12事例を紹介した漫画を制作し、来年4月を目標に全国の学校に寄贈すると発表した。進路を検討する中高生らに読んでもらい、将来の地域スポーツを支える人材を生み出す狙いがある。  12の事例は有識者による委員会で …

全文を読む

 サッカーJ2松本山雅FCの運営会社はリーグ最終節の20日、松本市のアルウィンで行う横浜FC戦で、チームカラーの「緑」や「勝」など縁起がいい漢字が名前に入った人たちに選手入場を手伝ってもらう。サポーターにも緑色の衣類などを身に着けて会場を緑に染めるよう呼び掛けており、「勝利とJ1昇格を勝ち取りたい」 …

全文を読む

 サッカーJ2松本山雅FC運営会社社長の神田文之さん(39)が15日夜、岡谷市で講演した。Jリーグへ駆け上がった成長の背景や、Jリーグ昇格後に取り組んでいるドイツを参考にした地域密着型の運営など、幅広い視点でクラブの魅力をアピールした。  成長の理由として、サポーターやボランティアらの貢献を強調。ラ …

全文を読む

 サッカーJ2の松本山雅FCは13日、松本市のかりがねサッカー場で中京大(愛知県)とトレーニングマッチ(練習試合)を行った。山雅は控え選手中心だったが、4―0で圧倒。詰め掛けたサポーター約350人はJ1再昇格に向け、熱い声援を送った。  試合は前半、サイドから攻める中京大にゴール前に迫られる場面もあ …

全文を読む

 サッカーJ2松本山雅FCのシュミット・ダニエル選手(24)と後藤圭太選手(30)が13日、山形村で開かれた「第27回村道祖神と新そば祭り」に参加し、サイン会やグッズ抽選会を通してサポーター約200人と交流した。  サポーターが色紙や山雅のユニホームを持参してサインを求め、「応援しています」「頑張っ …

全文を読む

 松本青年会議所(松本市)は13日、サッカーJ2松本山雅FCのパウリーニョ選手(27)を招いたトークイベントを松本市内で開いた。地元から世界に羽ばたく人材を輩出しようとの狙いで企画。パウリーニョ選手は、自身の体験を踏まえて勇気を持って海外へ出ることの大切さを語り、約80人が聞いた。  ブラジル出身の …

全文を読む

AC長野

AC長野が首位に勝利 4位浮上

2016年11月14日掲載

 サッカーJ3は13日、各地で第29節8試合を行い、5位のAC長野パルセイロは、栃木県グリーンスタジアムで首位の栃木と戦い、終了間際の多田の得点で1―0で競り勝った。AC長野は4位に浮上した。栃木は2位に後退、勝ち点58で並んだ大分が得失点差で首位に立った。  AC長野は勝又をトップに据える3― …

全文を読む

 サッカーJ2の松本山雅FCは12日、東京都町田市で行われた第41節のFC町田ゼルビア戦に1―2で敗れ、最終節を残してJ1自動昇格圏内の2位から3位に後退した。8連勝した清水エスパルスが勝ち点81として松本山雅に並び、得失点差で逆転。北海道コンサドーレ札幌は勝ち点84で首位を守った。  松本山雅 …

全文を読む

 J1自動昇格の行方は、首位札幌、2位清水、3位松本山雅による三つどもえのまま最終節に持ち越された。  最終節で松本山雅が勝ち、清水が引き分け以下の場合と、松本山雅が引き分け、清水が負けた場合は、松本山雅の自動昇格が決まる。札幌は引き分け以上だと無条件で優勝による自動昇格が決定。松本山雅と清水が …

全文を読む

前の10件 1  2  3  4  5
« 16年10月 | メインページ | アーカイブ | 16年12月 »

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外