がんばれ!信州サッカー

喫茶山雅でゲームの中継を観戦するサポーター。チャンスを逃すと、一斉にため息が漏れた=26日午後3時47分

 25日に開店したばかりの「喫茶山雅」(松本市大手4)で26日、松本山雅FCの運営会社が横浜FC戦を中継した。インターネットの動画配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」を大型スクリーンに映し、サポーター約50人が参加。近隣への配慮で応援歌は禁止されたが、松本山雅のチャンスでは思わず歓声が上がった。
 試合前、緑色に染まった現地のスタンドの様子が画面に映し出されると一斉に拍手が起きた。前半16分、相手のシュートで先制を許した際には、ため息が漏れた。
 無得点での敗戦に松本市の会社員丸山美佳さん(44)は「勝って(今季を)始めたかった」と悔しがった。昨季出場機会はなく、この日途中出場した志知孝明選手(23)を応援する同市の看護師原強志さん(39)は「いい動きをしていた。戦力になってくれそう」と期待していた。
 この日は茅野市のJR茅野駅前ビル・ベルビアでも、中継を大型スクリーンで観戦する催しがあり、100人余が参加。岡谷市の会社員酒井秀明さん(43)は「J1に昨季昇格できなかった悔しさも合わせて山雅を応援したい。来季のJ1再昇格を声援で後押しする」と話していた。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外