がんばれ!信州サッカー

京産大との練習試合で競り合うAC長野のFW佐藤

 サッカーJ3のAC長野パルセイロは和歌山キャンプ第14日の22日、和歌山県上富田町スポーツセンターで、関西大学リーグ1部の京産大と35分3回の練習試合を行い、合計1―0だった。
 和歌山キャンプ7試合目。1回目と2回目は0―0、3回目はFW塩沢が右CKを頭で決めた。22人が出場し、明神、岩沼ら6人が出場しなかった。
 1回目は昨季の主力6人と新加入の新井、三上らが出場したが、攻守とも良いところがなかった。浅野監督は「ボールの失い方が気になった。攻撃は今後練習して改善していく」とした。故障明けで和歌山での練習試合に初出場し、ゴールを決めた塩沢は「開幕スタメン入りに向け、ここから上げていく」と話した。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外