がんばれ!信州サッカー

長野市北石堂町の店でポスターを手渡すAC長野パルセイロの選手たち

 サッカーJ3・AC長野パルセイロの男子トップチームの選手らが3日、リーグ開幕前にホームタウンの雰囲気を盛り上げようと、長野市内の店舗を訪問した。ホーム試合の日程などを掲載したポスターやチラシを配り、応援を求めた。
 中央通り周辺では、チームのロゴが入ったベンチコートを着た選手15人が5グループに分かれ、95店舗を訪問。北石堂町の商店街を回った元日本代表で主将の明神智和選手(39)や浅野哲也監督(50)ら5人は「いつも応援ありがとうございます。今シーズンもよろしくお願いします」とあいさつし、店長や店員にポスターを手渡した。
 受け取った「文具の青山」(北石堂町)店長の青山祐子さん(62)は「今年こそ昇格を頼むよ」と選手たちを激励し、早速入り口のドアにポスターを張っていた。明神選手は「地域の方々と一丸となって戦う。結果で応えたい」と健闘を誓っていた。
 この日は市内の篠ノ井駅前と旧松代駅周辺でも選手12人が約60店でポスターなどを配布。長野Uスタジアム(南長野運動公園総合球技場)でのホーム開幕戦は19日で、YS横浜と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外