がんばれ!信州サッカー

 サッカー明治安田J2第20節は25日、各地で11試合が行われる。勝ち点26で12位の松本山雅は、勝ち点で並ぶ13位の岡山をホームに迎える。第7節以来となる連勝と、ホームでは6試合ぶりの勝利に照準を定める。
 岡山は昨季のJ1昇格プレーオフ初戦で当たり、後半ロスタイムの失点で敗れた因縁の相手。今季は松本山雅と同じ7勝5分け7敗だが、失点は松本山雅より10多い24。直近5試合は3勝2分けの負けなしと好調だ。前節は岐阜と1―1で引き分けた。
 元日本代表のDF岩政やリオデジャネイロ五輪代表のMF矢島ら主力が抜けたが、3―4―2―1のシステムやハードワークする戦い方は昨季とほぼ変わっていない。
 松本山雅は前節、群馬を2―0で破った。直近5試合は2勝1分け2敗。試合ごとに波はあるものの、練習内容を見直したこともあって攻撃の組み立てや走力を生かすプレーは全体的に良くなっている。腰を痛めていた当間が前節で先発に復帰し、DFの定位置争いも活発になってきた。
 群馬戦でミドルシュートを決め今季3点目を奪った宮阪は「昨年の苦い思いが残っている相手。42試合のうちの一つだが、いろいろな意味で大事になる」と雪辱を誓う。前半戦最後の第21節は最下位の山口が相手で、岡山戦で勝利を収めれば、今季初の3連勝に近づける可能性が高まる。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外