がんばれ!信州サッカー

山口戦に向けて練習する松本山雅の選手

 サッカー明治安田J2第21節は7月1日、各地で11試合が行われる。勝ち点27で12位の松本山雅は、同13で21位の山口と敵地で対戦。前半戦最後の試合で勝利を収め、後半戦への弾みをつけたい。
 山口は3勝4分け13敗と低迷。5月下旬に上野監督が成績不振の責任を取って辞任し、アルゼンチン出身で福岡でプレー経験があるカルロス・マジョール氏が6月上旬から指揮を執る。前節は熊本を2―0で下して連敗を6で止め、11試合ぶりに白星を挙げた。
 松本山雅は前節、先制点を守り切れず、岡山に1―1で引き分けて連勝を逃した。直近5試合は2勝2分け1敗と持ち直してきたものの、勝負強さを欠いて勝ち点3を奪えない試合も目立つ。得点力の不足もあるが、ゴール前での粘り強い守備が影を潜めているのが気掛かりだ。
 反町監督は「山口は監督が代わり、今はあらゆるシステムを試している」と話す。相手の戦い方に流動的な部分もあり、対策の立てにくさはあるが、自分たちのスタイルを出し切ることが重要になる。
 前々節からDF当間が先発復帰し、3バックは左右の並びも変わった。DFラインを統率する飯田は「それぞれの良さがあり、引き出せるようにしたい」と話す。11位の愛媛とは勝ち点差4で、今節に勝っても順位は上がらないが、後半につながる収穫を得たい。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外