がんばれ!信州サッカー

 サッカー女子のなでしこリーグ1部カップ戦1次リーグ第10節(最終節)は30日、長野市の長野Uスタジアムなどで4試合が行われる。A組3位のAC長野パルセイロ・レディースは5位のノジマステラ神奈川相模原と対戦する。2連敗中のAC長野は4試合ぶりの勝利を目指す。
 決勝トーナメント進出を既に逃したAC長野だが、8月19日に再開するリーグ戦を見据えた戦いができるか。独1部フランクフルトへの移籍で横山が抜けた後、チームが目指すサイド攻撃から相手を崩した得点の形をつくりたい。
 主力のFW泊とDF坂本は、日本代表の米国遠征に招集され不在。本田監督は「先発がだいぶ替わるが、代わりの選手を試せる良い機会」と捉える。FW山崎にはクロスからの得点に期待がかかる。小泉と藤村の両サイドバックによる攻撃参加が鍵を握りそうだ。MF国沢は太ももを痛め出場が微妙。キープ力と豊富な運動量を持ち味とする神田の先発が濃厚だ。
 両チームはともに通算2勝1分け4敗の勝ち点7。AC長野が得失点差でノジマを上回る。今季の対戦成績はリーグ戦を含め1分け1敗。本田監督は「ノジマは技術と判断力のレベルが高い」と警戒する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外