がんばれ!信州サッカー

AC長野−ノジマ 前半11分、ゴール前のこぼれ球を押し込み先制点を決めるAC長野・児玉

 サッカー女子のなでしこリーグ1部カップ戦1次リーグ第10節(最終節)は30日、長野市の長野Uスタジアムで行われ、A組3位のAC長野パルセイロ・レディースは同5位のノジマステラ神奈川相模原に2―1で勝った。既に1次リーグ敗退が決まっているAC長野は通算3勝1分け4敗で勝ち点10とし、同組3位で終えた。
 AC長野は前半11分にMF児玉がこぼれ球を押し込んで先制。同38分にはクリアボールを拾ったFW山崎がドリブルでゴール前に持ち込んでGKと1対1となり、ループシュートを決めた。
 後半は相手に押し込まれ、ロスタイムにGKとDFの連係ミスから1点を返されたが、逃げ切った。観客数は1700人だった。
 AC長野の次戦は再開する1部リーグ戦の第11節。8月19日に長野Uスタジアムで千葉と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外