がんばれ!信州サッカー

AC長野―千葉 前半40分、AC長野・中野(右から2人目)が止めに入るも千葉・上野(右端)に先制シュートを決められる

 サッカー女子のなでしこリーグ1部第11節は19日、長野市の長野Uスタジアムで1試合が行われ、3位のAC長野パルセイロ・レディースは6位の千葉に0―1で敗れた。


 AC長野は約3カ月ぶりに再開したリーグ戦の初戦を白星で飾れず、通算5勝3分け3敗。千葉戦は今季、カップ戦も含め4戦4敗となった。観客数は1814人。


 AC長野は坂本と五嶋をセンターバック、藤村を右DFに置く4―4―2の基本陣形で戦った。


 前半40分、右CKから千葉の上野に左足で決められ先制点を許した。シュート数は千葉の9本に対し、AC長野は5本。後半は劣勢を挽回、交代出場のFW山崎らが惜しいヘディングシュートを放ったが決めきれなかった。


 19日予定した日テレ―浦和、ノジマステラ神奈川相模原―仙台の2試合は雷の影響で延期となった。代替日程は未定。


 AC長野は第12節の26日、佐久総合運動公園陸上競技場で日テレと対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外