がんばれ!信州サッカー

松本山雅―岐阜 後半30分、逆転ゴールを決めた松本山雅・パウリーニョ(手前)が同点ゴールを決めた高崎と抱き合って喜ぶ

 サッカー明治安田J2第39節は最終日の29日、松本市のアルウィンなどで6試合があり、松本山雅は岐阜を2―1で下し、3試合ぶりに白星を挙げた。19勝7分け13敗の松本山雅は勝ち点を64に伸ばし、7位からJ1昇格プレーオフ出場圏内の5位に浮上した。岐阜は勝ち点44で17位。残りは3試合。
 前節と同じ先発メンバーの松本山雅は、ボールを保持する岐阜に対し、序盤から激しいプレスをかけた。前半を無得点で折り返すと、後半5分に相手のCKで失点。松本山雅は後半18分に高崎がFKを直接決めて追いつき、同30分にはペナルティーエリア左で得た那須川のFKをパウリーニョが頭で合わせて決勝点を奪った。
 2位以上が確定してJ1昇格が決まっていた湘南は岡山と1―1で引き分け、J2優勝が決まった。名古屋は群馬を4―2で下し、3位に浮上した。
 第40節は5日で、松本山雅は敵地で19位の讃岐と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外