がんばれ!信州サッカー

3対3の練習でボールを運ぶ勝又(中央)

 サッカーJ3のAC長野パルセイロは佐賀キャンプ2日目の28日、佐賀市健康運動センターサッカー・ラグビー場で練習した。体調不良のDF大島とMF堂安を除く27選手が参加。体幹や走力の強化、ドリブル突破の練習などを行った。
 浅野監督は「佐賀キャンプはフィジカルと個の強化がテーマ」と説明。攻撃時にボールを失う回数が昨年多かったことを反省し、基本技術の向上に通年で取り組む方針を示した。
 小雨のなか、前日に続いて軽快な動きを見せたFW勝又は「開幕スタメン入りへアピールしていく。優勝に関わりたいし、結果で貢献しないといけない」と語った。
 MF新井は、新加入のFW松村に積極的に話し掛け、「互いの癖を知ることが大切。昨年のベースがあるなか、新たにパワーのある選手が加わり、良い雰囲気で練習できている」と話していた。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外