がんばれ!信州サッカー

 佐賀キャンプ初日にインフルエンザにかかり、和歌山キャンプで全体練習に合流した。出遅れたが、「気にしても仕方ない」とピッチを駆ける。
 中学時代は、C大阪西U―15に在籍。2年生の終わり頃、かかとを骨折してサッカーをやめた。再びボールを蹴り始めたのは、創造学園高(松本市)に入ってから。「勝沢監督の先輩だった中学の先生の勧めで、創造学園に進学した。どうしてももう一度サッカーがやりたかった」。2年の時、全国高校選手権県大会決勝で、ループシュートと頭で2得点を挙げて優勝した。
 昨季、びわこ成蹊スポーツ大(関西学生リーグ1部)ではリーグ2位の12ゴールを決め、1部初優勝に貢献。AC長野でも巧みなドリブルとスピードで得点を狙う。
 U―20日本代表で、オランダ1部のフローニンゲンに所属するMF堂安律は3歳下の弟。「選手として意識することはない。家族として海外での暮らしが心配」。兵庫県出身。169センチ、64キロ。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外