がんばれ!信州サッカー

愛媛戦に向けた練習で競り合う松本山雅のセルジーニョ(左)とパウリーニョ

 サッカー明治安田J2第11節は28日、各地で11試合を行う。2連勝で勝ち点14の9位に浮上した松本山雅は、松山市のニンジニアスタジアムで21位の愛媛と対戦。5月6日までの9日間で3試合を行う連戦の初戦で連勝を伸ばし、勢いを加速させたい。
 松本山雅は、前節の試合中に右膝を痛めた浦田が戦列を離れた。愛媛から移籍加入した今季は3バックの左で開幕から全試合に先発し、前節は決勝点も挙げるなど攻守で存在感を発揮していただけに痛手だ。代わりは、前節途中から浦田のポジションに入った岩間か、左脚のけがから練習復帰した安川が務めることになりそうだ。
 攻撃は、5試合続けて前半に先制できている。愛媛は計14失点のうち前半15分までに4失点と立ち上がりの守備に課題を抱えており、松本山雅は早い時間帯の先制点で試合の流れをつかみたい。最近3試合はセットプレー絡みの1得点にとどまっており、流れの中から得点できるかもポイントになる。まだゴールがない前田大や前田直らの奮起が欠かせない。
 愛媛は下位に低迷するが、昨季J1の新潟や上位の岡山から勝利するなど対戦相手によって変化させる戦術が機能した試合では結果を出している。松本山雅の反町監督は「(特徴が)よく分からない」と分析に苦慮。やはり先手を取って主導権を握る試合運びが重要になる。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外