がんばれ!信州サッカー

 サッカーの第98回天皇杯全日本選手権は26日、各地で開幕し、27日にかけて1回戦24試合を行う。長野県代表でJ3のAC長野パルセイロは26日、長野市の長野Uスタジアムで午後1時から新潟県代表の新潟医療福祉大と対戦。大学生に勝ちきって、リーグ戦につなげたい。
 前回大会で16強のAC長野。20日のリーグ戦では7試合ぶりに白星を挙げるなど、チーム状態は上向きつつある。浅野監督は「(ホームの)Uスタでも久しぶりに結果を残したい」と意欲を示す。先発はリーグ戦で出場機会の少ない選手が中心になりそうだ。
 3年連続3度目の出場となる新潟医療福祉大は、前回大会で天皇杯初勝利を挙げた。新潟県予選の決勝は、同じ大学生を相手に5―1で快勝した。両サイドを起点とした攻撃は、スピードもあり強力だ。
 AC長野は初戦を突破すると、6月6日にJ2大宮と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外