がんばれ!信州サッカー

千葉戦に向けた練習で競り合う松本山雅の藤田(手前左)と永井(同右)

 サッカー明治安田J2第20節は23、24日に各地で11試合を行う。勝ち点31で5位の松本山雅は23日、松本市のアルウィンで13位(勝ち点25)の千葉と対戦する。前半に退場者を出した前節の大分戦は、今季最多の4失点で6試合ぶりの黒星。連敗を避け、前半戦のホーム最終戦を良い形で締めくくりたい。
 松本山雅は前節退場の岩間が出場停止。主力の橋内をけがで欠く3バックは戦力事情がさらに厳しくなる。岩間の代わりは右膝の故障から復帰した浦田の起用が有力。浦田は「まだ100パーセントではないが、できる限りのことをやるしかない」と話す。数的不利だったとはいえ、前節は不安定だった守備陣の踏ん張りがポイントになる。
 攻撃陣は、脚を痛めて離脱していたセルジーニョが全体練習に合流。前田大や2試合連続得点を狙う前田直らも好調だ。リーグ2番目に失点が多い千葉から先手を取り、守備陣の負担を減らす展開に持ち込みたい。
 千葉は失点が多いが、リーグ4位の32得点と攻撃力は高い。長身のラリベイと指宿の2トップ、ここまで7得点の船山ら能力の高い選手がそろい、松本山雅の反町監督は「一人一人の技術はJ2で断トツに高い」と警戒する。松本山雅は布陣をコンパクトに保って中盤で主導権を握れるか。高い位置でボールを奪えれば一気に決定機に持ち込むこともできる。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外