がんばれ!信州サッカー

熊本戦に向けた練習で競り合う松本山雅の前田大(手前左)と飯田(同右)

 サッカー明治安田J2第21節は、30日と7月1日に各地で11試合を行う。1巡目の対戦を終える前半最終戦。勝ち点34で5位の松本山雅は30日、熊本市のえがお健康スタジアムで18位(勝ち点22)の熊本と対戦する。2連勝で前半戦を締めくくれるか。
 松本山雅は千葉と対戦した前節、2点を追う展開から4点を奪って逆転勝ちした。熊本の失点数はリーグ最多の千葉に次いで多く、松本山雅は今節も攻撃陣の奮起が試合結果に直結しそうだ。
 前節、出場停止だった岩間が復帰。岩間が中央に入る3バックは飯田、浦田との組み合わせが有力だ。前々節は前半に退場者を出したとはいえ、ここ2試合は計6失点と守りの安定感を欠いている。熊本は7得点の皆川、6得点の安柄俊と前線に得点力のある長身選手がいるだけに、松本山雅はクロスボールなどゴール前の対応に注意を払いたい。
 松本山雅の攻撃陣は好調だ。ここ5試合で3得点の前田大、2試合連続得点中の前田直による1・5列目は、セルジーニョもけがから復帰して層が厚い。ここ3試合は得点こそないもののワントップで先発している永井も攻撃の時間をつくる役割を果たしている。先手を取って複数得点したい。
 熊本はシーズン序盤は1桁順位だったが、最近10試合は1勝2分け7敗と失速。ここ5試合は勝利がない。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外