がんばれ!信州サッカー

松本山雅―大分 前半、松本山雅・岩間(中央手前(5))のレッドカードに抗議するパウリーニョ(右から2人目)ら

 サッカー明治安田J2第19節第1日は16日、松本市のアルウィンなどで9試合を行い、松本山雅は大分に1―4で敗れた。6試合ぶりの敗戦で、ホーム戦では今季初黒星。勝ち点31と暫定5位の順位は変わらない。
 松本山雅は2試合連続で同じ先発メンバー。一方の大分は前節から先発4人を入れ替えた。松本山雅は前半6分、カウンター攻撃から最後は前田直が左足でシュートを決めて先制した。しかし、同22分に岩間が得点機会を阻止したとの判定で一発退場。同35分にPKで同点に追い付かれると、同40分には勝ち越し点を奪われた。後半は数的不利を感じさせない攻めで好機もつくったが、終盤にカウンター攻撃から2点を追加された。
 首位の福岡が新潟に0―2で敗れ、2位の山口が徳島を2―1で下したため、順位が入れ替わって山口が首位に立った。第19節残り2試合は17日に行う。
 第20節は23、24日で、松本山雅は23日にアルウィンで千葉と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外