がんばれ!信州サッカー

岡山−松本山雅 前半、ヘディングで競り合う松本山雅・飯田(右)

 サッカー明治安田J2第23節最終日は16日、岡山市のシティライトスタジアムなどで3試合を行い、松本山雅は岡山と0―0で引き分けた。4連勝はならず勝ち点41。前節を終えて勝ち点で並んでいた2位大分と3位山口がともに15日の試合で敗れたたため、松本山雅の順位は首位のまま変わらない。
 松本山雅はけがのパウリーニョに代えて岩間をボランチに起用。岩間が務めていた3バックの中央は3試合ぶりの先発となる当間が入り、攻撃的な1・5列目は前田大に代えてセルジーニョが7試合ぶりに先発した。
 前半は両チームとも決定機を決められず無得点。松本山雅は後半だけで6本あったCKなどセットプレーからゴールを狙ったが決定的な形までは持ち込めず、10試合ぶりの無得点に終わった。
 熊本を3―2で下した町田が勝ち点40で2位に浮上した。
 第24節は21日に行い、松本山雅は松本市のアルウィンで京都と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外