がんばれ!信州サッカー

 サッカーJ2松本山雅は18日、MFパウリーニョ(29)が右脚の長内転筋筋断裂で全治約3カ月と診断され、治療のため19日から出身地のブラジルに一時帰国すると発表した。
 パウリーニョはJ1浦和と対戦した11日の天皇杯3回戦の試合終了間際に相手選手と交錯して痛めた。手術はせずブラジルで治療に当たり、9月下旬に松本に戻る予定で、反町監督は18日の取材に「10月の復帰を目指す」と話した。
 パウリーニョは今季のJ2リーグ戦で、負傷前の第22節まで出場停止の1試合を除く全試合に先発した主力。「なるべく早く復帰し、山雅のために戦っていきたい」とコメントした。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外