がんばれ!信州サッカー

ゴールを守るAC長野の選手からシュートを決め、喜ぶ子どもたち

 サッカーのAC長野パルセイロは29日、長野市の長野Uスタジアムでファン感謝イベントを開いた。親子連れのサポーターら約850人が、トップチーム(J3)やレディースチーム(なでしこリーグ1部)の計54選手との交流を楽しんだ。
 イベント終了前のあいつさで、現在13位に沈むトップチームの都並優太選手(26)は「後半戦で巻き返すので、熱い声援をお願いします」と話し、レディースの野口美也選手(25)は「(サポーターと)近くで接することができ、応援していただいていると強く感じた」と感謝していた。
 催しは、例年シーズン終了後に開いていたが、後半戦に向けたサポーターとの一体感醸成などを狙い、今年は両リーグが一時中断するこの時季に開催した。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外