がんばれ!信州サッカー

千葉戦に向けて練習する石原(中央)ら松本山雅の選手たち

 サッカー明治安田J2第27節は4、5日に各地で11試合を行う。勝ち点50で首位の松本山雅は4日、千葉市のフクダ電子アリーナで14位(勝ち点34)の千葉と対戦。今季初の4連勝を狙う。
 松本山雅は前節まで中3日で続いた3連戦で3連勝。疲労の蓄積や出場停止による戦力ダウンを総合力でカバーした。連勝で得た勢いを、週1試合のペースに戻る今節以降にもつなげたい。
 前節の甲府戦で決勝点を挙げたセルジーニョは脚の状態が万全でなく、今節への出場は微妙な状況。攻撃的な1・5列目は前田と出場停止明けの中美の組み合わせが有力で、左サイドの石原やワントップの永井も練習では1・5列目に入った。
 主導権争いの鍵を握るのは両サイドでの攻防。千葉は最終ラインを高く設定する守備陣と、前線に攻め残る攻撃陣の役割分担がはっきりしている。松本山雅は岩上と石原の先発が濃厚な両サイドが攻守両面で持ち味の運動量を発揮できるかがポイントになる。
 千葉は総得点、総失点ともにリーグ最多タイ。6月の前回の対戦は松本山雅が前半に2失点し、そこからの4得点で逆転勝ちした。攻撃陣は10得点のラリベイや9得点の船山ら力のある選手が多く、7月には松本山雅から工藤が移籍加入。現在2連勝中で、今節は好調なチーム同士がぶつかる一戦になる。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外