がんばれ!信州サッカー

 サッカー明治安田J2第34節は22〜24日に各地で11試合を行う。勝ち点61で首位の松本山雅は23日、松本市のアルウィンで21位(勝ち点27)の熊本と対戦する。ホーム戦で3試合続けて勝ちがない松本山雅。下位相手の今節は勝利を譲れない。
 第28節まで5連勝した松本山雅だが、第29節から前節までの5試合は1勝2分け2敗と停滞。山口と対戦した前節は試合内容で上回り2連勝するチャンスだったが、決定力を欠いて無得点で引き分けた。2試合連続無失点の守備は安定感を取り戻しているだけに、今節は攻撃陣の出来が結果を左右しそうだ。
 ボランチの岩間がコンディション不良のため出場は厳しそう。7月に右脚を痛めてブラジルに一時帰国していたパウリーニョが再来日して今週から練習に戻ったが、試合への復帰は早くて次節。岩間が欠場した場合、代わりは岡本か中盤の右サイドを担ってきた岩上が起用される見通しだ。
 反町監督は攻撃陣の入れ替えも示唆。前節までの3試合は高崎、セルジーニョ、山本の3人が先発しているが、石原や中美らを起用して攻撃の活性化を狙う可能性がある。熊本はリーグ最多の63失点と守備に課題がある一方、41点の総得点は45点の松本山雅と差がなく、ともに10得点の皆川と安柄俊は力がある。松本山雅は前節のように好機を逃し続ける展開は避けたい。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外