がんばれ!信州サッカー

松本山雅−熊本 前半11分、オーバーヘッドで先制ゴールを決める松本山雅・セルジーニョ

 サッカー明治安田J2第34節第2日は23日、松本市のアルウィンなどで5試合を行い、松本山雅は熊本に2―0で勝った。松本山雅は2試合ぶりの勝利で勝ち点64。22日の試合で引き分けた2位町田との勝ち点差を3に広げ、首位を守った。3位大分は22日に勝っており、J1自動昇格(2位以上)を争う3位との勝ち点差は4のまま変わらない。
 松本山雅は前節から先発2人を変更。コンディション不良の岩間に代わって岡本が10試合ぶりの先発でボランチに入り、中盤の左で先発してきた石原を山本に代えて攻撃的な1・5列目に起用した。左サイドは下川が28試合ぶりに先発した。
 松本山雅は前半11分、FKを高崎が頭で落とし、そのボールをセルジーニョが地面に背を向けた状態から右足で蹴り込んで先制。後半35分に再びセルジーニョのゴールで追加点を上げると、3試合連続無失点でリードを守りきった。
 上位陣は横浜FCと大宮が勝ったが、東京Vは10連敗中だった岐阜と引き分けた。第35節は29、30日で、松本山雅は30日に山形県天童市で山形と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外