がんばれ!信州サッカー

岐阜戦に向けて練習する石原(右から2人目)や藤田(同3人目)ら松本山雅の選手たち

 サッカー明治安田J2第38節は20、21日、既に終了した1試合を除く10試合を各地で行う。勝ち点69で首位の松本山雅は21日、松本市のサンプロアルウィンで20位(勝ち点36)の岐阜と対戦する。首位から勝ち点差6の間に7チームが入る混戦のまま残り5試合。松本山雅は2連勝で首位の座を守りたい。
 松本山雅は7試合連続無敗中。前節の金沢戦は、けがで離脱していた前田が9試合ぶりに復帰してゴールを挙げるなど攻撃を活性化させ、2―0で快勝した。リーグ最少失点の守備は安定しており、今節も攻撃陣の出来が勝敗の鍵を握る。
 前節は後半に運動量が落ちた前田が、1週間でどこまで状態を上げられたかも重要。20日に21歳の誕生日を迎える前田は「自分のゴールで祝いたい」と気持ちを高める。ジネイや中美らが故障離脱している攻撃陣では、志知が好調をアピールして今季初めてベンチ入りする可能性が高い。
 岐阜には5月の前回対戦で0―2で敗れた。ただ、岐阜はその試合で得点したスピードが武器の古橋が8月にJ1神戸に移籍。9月にかけて10連敗するなどチーム状態は良くない。松本山雅は岐阜戦に向けた練習で、最終ラインを高く設定する守備戦術を徹底。ボール保持率が高い岐阜から高い位置でボールを奪いにいく積極的な戦術を採用する見通しだ。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外