がんばれ!信州サッカー

日テレ―AC長野 後半32分、2点目を奪われるAC長野の選手たち(白と青のユニホーム)

 サッカー女子なでしこリーグ1部第17節第1日は27日、東京都調布市の味の素スタジアム西競技場などで2試合を行い、AC長野パルセイロ・レディースを2―1で下した日テレが勝ち点42として4年連続16度目の優勝を決めた。AC長野は勝ち点22のままで6位から7位に後退した。残りは1試合。

 AC長野はFW滝川が第7節(5月19日)以来の先発。前半19分に先制点を許したが、43分にMF中野の今季初得点で同点に追いついた。だが、後半32分に決勝ゴールを奪われた。観客数は1102人。

 最終節となる第18節は11月3日。今季5位以下が確定したAC長野は、長野市の長野Uスタジアムで勝ち点差2で5位の新潟と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外