がんばれ!信州サッカー

AC長野―鹿児島 前半18分、先制ゴールを決めるAC長野の有永(奥左)

 サッカー明治安田J3第26節最終日は7日、長野市の長野Uスタジアムなどで7試合を行い、AC長野パルセイロは2位の鹿児島と1―1で引き分けた。2試合続けて白星のないAC長野は勝ち点を30とし、順位は10位で変わらない。今季は残り8試合で、J2自動昇格圏内の鹿児島との勝ち点差は15。

 前節から先発を5人入れ替えたAC長野は、明神が11試合ぶり、寺岡が3試合ぶりに先発した。前半18分、岩沼のFKを受けた河合がゴール前で粘り、こぼれ球を有永が右足で蹴り込んで先制。しかし、33分に左クロスを頭で合わせられて追い付かれた。後半は一進一退の攻防が続き、ゴールはならなかった。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外