がんばれ!信州サッカー

 サッカーJ2で2位につける松本山雅FCの運営会社は11日、残り3試合となったサンプロアルウィン(松本市)でのホーム戦への来場を呼び掛けるキャンペーン「TO THE TOP」を始めると発表した。松本市街地にポスターや懸垂幕を掲げるほか、各試合でイベントを実施。J1昇格に向けて正念場となる終盤戦を盛り上げる。
 13日、残りのホーム戦の日程などを知らせるポスターをサポーターの協力を得て松本市街地に張り出す。午後4時半に喫茶山雅(松本市大手)に集合した後、店舗などを回って掲示を依頼する。松本駅のステーションビルMIDORI松本店の外壁に15日ごろから懸垂幕を掲示。松本駅構内とイオンモール松本(松本市)の計4カ所でも告知映像を流す。
 21日の岐阜戦では先着1万5千人に選手や反町康治監督らの全35種のカードを配布。11月4日の東京V戦ではメッセージをポスターに書き込むブースを設ける。ホーム最終戦の同17日の徳島戦ではスタンド全周を使った人文字パフォーマンスを呼び掛ける。
 同社は試合開始前のピッチでクラブフラッグを振って選手を迎えるサポーターや、ゴール裏のLED看板に表示するメッセージもHPで募る。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外