がんばれ!信州サッカー

松本山雅―東京V 後半、壁を作って相手のFKを防ぐ松本山雅の守備陣ら

 サッカー明治安田J2第40節最終日は4日、松本市のサンプロアルウィンなどで10試合を行い、松本山雅は東京Vに1―0で勝った。松本山雅は3試合ぶりの白星で勝ち点73。同72の大分が横浜FCに敗れたため、松本山雅は大分と入れ替わって首位に立った。
 松本山雅はJ1参入プレーオフ進出圏(3〜6位)の5位以上が確定。次節にもJ1に自動昇格する2位以上が決まる可能性が生まれた。
 松本山雅は前節から先発4人を変更した。攻撃的な1・5列目に前田とセルジーニョが2試合ぶりに復帰。GKはけがの守田に代わり村山、3バックの左には安川が入り、ともに今季初先発した。
 前半は立ち上がりから攻勢を強めると、36分に岩上のFKが相手のオウンゴールを誘って先制。後半は早めの選手交代で流れを引き寄せた東京Vに攻め込まれたが、守備陣が粘り強く守り、無失点で逃げ切った。
 上位陣は勝ち点差1で大分が2位に続き、福岡に勝った町田が大分と勝ち点で並んで3位をキープした。
 第41節は10、11日で、松本山雅は11日に宇都宮市で栃木と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外