がんばれ!信州サッカー

 岡谷市の今井竜五市長は27日の定例記者会見で、同市をサッカーJ2初優勝とJ1再昇格を決めた松本山雅FCのホームタウンとする構想について「税金を投入することになるので、市民の盛り上がりが大きな前提だ」との考えを示した。山雅後援会岡谷支部が実現を目指しており、ホームタウン化には地元自治体の出資が必要となることを踏まえた。
 同支部は今月「おかやホームタウン計画(グリーンプラン)」を始動。山雅運営会社の神田文之社長を招いてパネル討論を開き、ホームタウン化の機運を高めようとしている。今井市長は「こうした活動には大いに期待している」とした上で「慎重に進めるべきだとの声もある。経済効果などの視点から判断をしたい」とも述べた。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外