がんばれ!信州サッカー

 サッカーJ2松本山雅は28日、MF石原崇兆(26)がJ1仙台へ完全移籍すると発表した。今季のJ2リーグ戦41試合に出場し、主力としてJ2優勝とJ1昇格に貢献。今季で契約期間が切れるためクラブは引き留めに努めてきたが、仙台に引き抜かれる形となった。
 石原は松本山雅が初めてJ1に参戦した2015年にJ2岡山から加入。中盤の左や攻撃的な1・5列目で活躍し、松本山雅での4年間でJ1、J2通算130試合出場13得点をマークした。石原は「この4年間ですごい経験をすることができました。またアルウィンで(サポーターの)皆さんに会えるのを楽しみにしています」とコメントした。
 また、松本山雅は同日、J2岡山のMF塚川孝輝(24)が完全移籍で加入すると発表。広島県出身で184センチ、77キロ。流通経大から17年に岡山に入り、主にボランチとして今季までの2年間でJ2リーグ戦66試合出場5得点。塚川は「アルウィンでプレーできる喜びと誇りを持って闘いたい」とコメントした。
 J3相模原に期限付き移籍しているDF森本大貴(23)の移籍期間を20年1月末まで延長したことも発表された。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外